ウッドショックは続くのか

スポンサーリンク
Pocket

デーモンです。

巷でザワザワしているウッドショックのお話。

我輩の新築にも影響が出そうです。

工期が若干伸びる程度なので、今のところ許容範囲なのですが、

どこまで続くか分からないところが一番の不安要素ですね。

プレカット界の重鎮「最上のウッドショック対策はポラテックと付き合うこと」
 プレカット業界最大手のポラテック(埼玉県越谷市)で専務取締役を務める北大路康信氏は、「ポラテックと継続的に付き合うことが、最上のウッドショック対策だと言ってもらえるようになりたい」と語る。業界の重鎮として知られる北大路専務に、木材の品不足や価格高騰をもたらしたウッドショックの先行きや、国産材が抱える課題を聞いた。

こんな見方もありますが、世界的に金融緩和をしている現在で様々な価格が上昇する、つまりインフレになることは自然の原理。

木材に限らず昨年の今頃からインフレになることを見込んで、うまく仕込んでいた人は含み益出ているでしょうね。

金融緩和を続けている限りは、高止まりするでしょう。そう思っていた方が得策です。

全ては金融政策次第、我輩はこう思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました