公庫の融資でアパート購入!

2021年2月11日

こんばんは。
デーモンです。

2019年の夏。
恵庭市のアパートを購入しました。

2DK×6室、1DK×2室。築30年ほどのアパートです。

恵庭駅からギリギリ徒歩圏内(だと思っているw)
売主様である貴婦人のご厚意により、お安く買うことができました。
現在の家賃で割り戻すと、利回り28%くらいです。

こんな時代でもエリアや物件の状態次第で利回りは作れるんですね。
今のところ目立ったトラブルもなく、順調に運営中です。

購入時、何人か競合がいたようなのですが、
「あなたが一番誠実な感じがしたから」

これで買うことができましたw

誠実って…何かね?

あっ、

買付申込書に恒例の

ご縁があり、保有させて頂くことなれば末永く保有し続けたいと思います」って書いてたw

この一文が効いてたっぽいw
加藤ひろゆきさんの本に載っていたまんま書いただけなんですけどww

これについては、日本政策金融公庫で融資を受けることにしました。
公庫も人事異動がありますから、以前担当してた人はもういなかったです。
(以前の担当者の方とは相性が悪かったのです)

今回は法人での購入としたので、商工会議所経由で申し込みしました。
結果として、これが良かったっぽい。

我が法人は創業間もなかったことから、商工会議所もウェルカム態勢な感じがしました。
公庫も商工会議所経由とあって比較的スムーズな融資審査の印象。

何でもっと早く行かなかったのか…自分の行動力のなさに情けなくなります。。

商工会議所では、マル経融資の話も聞けたり、割と有意義でした。
何となく、不動産賃貸業を想定している感じではなかったですが、話は聞いてくれそうな感じもしました。
マル経融資あたりも今後チャレンジしてみたいと思いますので、結果はブログで報告します!

かくして、購入に至ったわけですが、購入時点では、8戸のうち1戸しか入居がない!!
とにもかくにも客付やでーー

早くしないと、公庫の返済も始まる!
こうして前途多難な船出となったわけです。

次回、この続きを書いていきまーす。


不動産投資ランキング