色々あった物件6号 その1

スポンサーリンク
Pocket

 

こんばんは。

ゆとり大家です。

 

今年も早1週間。

明日からは本格始動です。

 

 

そもそも私のような弱小大家が正月休みとか

 

何やってんだって話ですがw

 

 

さて、昨年は物件6号に振り回された1年でもありました。

 

1月末に決済して、2月からコワーキングスペースとしての工事を開始!

 

 

って思ってたら、まさかの展開。。

 

屋根上の融けた雪がオーバーフローし、屋根のすき間から侵入し、

水浸し・・・

 

 

しかも、まさかそんなことになるとは思わず保険をケチっていたので

保険金も下りず散々な目に。。

(今思い出しても自分に腹が立ちます!)

 

 

とりあえず復旧工事を実施していると、

新進気鋭(?)の若手事業家から、改造しながら住みたいとの申し出。

 

 

コワーキングスペースとして稼働させるつもりだったので

悩みましたが、若者のためならと思い

自由にDIY可として貸し出しました。

 

 

昨今の風潮もあり、大家が勝手にリフォームして賃貸に出すより

戸建を買ってそのまま「自由にDIY可」にした方が若者受けするかもしれないなと思いました。

しかも、自分でカスタマイズした物件はなかなか退去しないですし。

 

 

まさに敵の資本(労働力)をフル活用ですw

そもそも敵ではなく味方ですがww

 

でも、大家のセンスないリフォームよりは100倍良いのではないでしょうか。

 

 

 

そして、今では住居兼工房として使用中です。

 

外見はほとんど変わっていませんが、内部は変わりましたね~

低予算でやっているので、所々荒いところはありますが、

 

 

まず、家の中に家がありますwww

 

 

厳密には小屋があります。

 

これはなかなか無い発想でした。

今までは、細かく仕切られていた部屋の壁を解体し、

広い平面の空間を作り出したため、

その広さを活用するのかなと思っていましたが、

 

 

小屋を建て始めた時には、

 

???

 

でしたねw

 

 

 

一番の目的は防寒のため、とのこと。

 

もともとは古い家なので冷えることが少なくないようで、

色々考えた結果、家の内部に家を作ろう!となったそう。

 

イメージ的には、かまくらに似ているかもしれませんね。

 

小屋の中で暖をとれば、なかなか快適に過ごせるようです。

 

 

そんな物件6号も年末にやってくれました。

 

もう、落ち着きのない物件ですよw

この続きはまた次回に。

 

 

さて、今のところ全く手をつけていない仮想通貨。

仮想通貨と一口に言っても色々種類があるんですね。

ビットコインの急騰に連れて、他のコインも上がってきているみたい。

 

他のコインはまだ上昇余地があるようで、

まだ間に合うのかもしれないと思い始めてますw

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
取引所もいくつかあるようですが、このコインチェックは信頼性が高いようです。

自分もここを使うつもりです。

 

 

加藤ひろゆき先生のように壮大な実験にトライするのも良いかもしれませんね。

 

ゆとり大家

 

 

☟ 応援クリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました