利払いのない借金・・・

こんにちは。

デーモンです。

 

ところでみなさん、銭湯はお好きですか?

 

 

昔ながらの銭湯、ホント少なくなりましたね〜

最近はスーパー銭湯もどんどん進化していて、

ある種のエンターテインメントみたいな感じです。

それはそれで好きなんですが、昔ながらの銭湯も味があって良い。

 

・・・なぜなら、小さい時は通ってましたから!

家に風呂がなかったんです!平成の世に育ったのに風呂ナシでしたw

当時はなんだか恥ずかしい気分でしたね。

風呂のない家なんて自分の家くらいだったのではないでしょうか。

当時で相当築年数の経過した建物でしたから・・・

と思って、ストリートビューを見てみるとまだありました!!

しかも当時の面影のまま。金沢恐るべしです・・・w

 

なぜ今回は銭湯の話題を持ち出しのか。

クルマの運転中に閃いたからではありません(いやそうでもないのですがw

 

 

見づらい場合はコチラをクリック!

都内入浴料金の推移

東京都の銭湯入浴料金の推移です。

昭和23年(1948年)は大人6円です。

6円ですよ。6円。

我輩が生を受けた頃は大人270円、小人130円です。

我輩の記憶では、よく130円を持って銭湯に行ったものですが、金沢は東京よりも少し安く入浴できたのでしょうね。

 

そして今では470円。しかも料金が一律なんですね。

ここで何が言いたいか。

□これまで値上げはされてきたが、値下げは一回も無かった。

□戦後、確実に物価は上昇している。

□借金は早めにしておいた方が良い。

 

・・・特に3番目の意味、分かりますかね??

例えば、銭湯の大人料金6円の時に、1万円は大金だったと思います。

しかし現在、1万円はそこまでの大金ではないでしょう。

(1万円札が発行されたのが昭和33年(1953年)で、その時の大卒初任給が1万3000円程度のようです)

つまり、その時に借りていた1万円は今では割とすぐに返せることでしょう。

 

しかし、これは額面だけ見た時のお話。

お金を借りている時に実際に問題となるのは、利払いです。

利息を払うことが、お金を借りることのいわばペナルティ。

逆に利払いさえなければ、借金も大した話ではなくなってきますよね。

(特にインフレ下では、貯金しておくことの方が損になりますから・・)

 

これを国に置き換えたときに、財政問題なんて無いという結論になります。

国の借金である国債。

これを日本銀行が買う。すると日本銀行に利払いをしなければならない。

日本銀行は利益が出れば、国に納付金を納めなければならない。

まさに受けた利払い分を国に返すことになります。

 

いわば行って来いの理論ですねw

詳しくは、統合政府 で検索してみてくださいww

銭湯からだいぶ飛躍してしまいましたが、本日はこのへんで。

 


不動産投資ランキング

未分類

Posted by デーモン