経済全体ではまだインフレではない。

こんにちは。

デーモンです。

 

最近、原油価格が上がっているからか、色んなものが値上がりしている感じがします。

特に生活に直結するものが、原油価格の影響を受けるのは何となくイメージできます。

電気代、輸送費や燃料費・・・これからも下がる要素は少なそうです。。

 

しかし、全ての品目に影響するのかといえば、そういうわけでもないんです。

例えば、米や牛乳は消費が減っているようで、積極的に買ってもらえるようPRしています。

つまり、値下がり圧力がありますよね。

結果から言うと、物価は上がっていません。

総務省統計局より
https://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-z.html

 

画像が小さくて見えないかもしれませんが、消費者物価指数(CPI)の総合は前年同月比0.9%の上昇。

「いや、上がってるやん!」っていうのはちょっと待ってw

通常、「物価が上がる」と捉えるのは、【生鮮食品及びエネルギーを除く総合】の数字によります。

生鮮食品とエネルギーは天候要因などで一定することが難しく、これらの影響を除いた消費者物価指数(コアコアCPIという)で判断するべきもの。

そうなると、直近の統計では前年同月比▲1.0%と物価は上がっているどころか下がっていますw

実はインフレは起きていない、ということが言えますww

 

その一方、総合(CPI)と生鮮食品を除く総合(コアCPI)は上昇しているので、コアコアCPIとの比較では、「エネルギーによる影響が大きい」ということが言えます。

つまり、エネルギーの調達コストが価格に転嫁されやすい状況ということです。

そこで間違えてはいけないのが、個別の「価格」は上昇しているものもありますが、全体を通した「物価」は上昇していません。

 

目の前の数品目の「価格」が上がったからといって、全体の「物価」が下がったとまではいえません。

もう少し経つとまた状況が違ってくるのかもしれませんが、インフレと認められるまでにはまだ時間がかかりそうです。

 

しかし、そうは言っても土地は高いし建築資材も高くなってきているし・・・

創意工夫で乗り越えるしかないですね!

 


不動産投資ランキング

未分類

Posted by デーモン