不動産は株価に遅れてやって来る。

こんにちは。

デーモンです。

 

不動産は株価の動きに合わせて価格が上下すると言われています。

半年から1年ほどのタイムラグがありますが、概ね株価に合わせて動くので、不動産価格は株価の遅行指数と連動するとも言えますね。

つまり、株価を見ていれば、なんとなく全体的な動きが見えるはず。

少し見えにくいですが、2020年1月を基準に、最近の動きを見ます。

コロナの影響で最初はドーンと株価は下がっていますが、その後大きく上昇。

2021年の1月まで上昇し、日経平均株価は30,000円を超えました。

その後も2021年秋には再び30,000円を突破し、以降は下落が見られます。

 

今は2022年の5月。不動産価格は上昇を続けていましたが、

2021年秋からは半年は経過しており、もしかすると一旦頭打ちになる頃かもしれません。

株価はピークから落ち着いてきているので、不動産も連動して、少しは落ち着いてくる可能性もありますが、

資材の高騰などの別な要因から下がらない可能性もありますw

 

ちなみに、もう少し大枠で見てみると、全体的には上昇トレンドに見えます。

我輩、チャートとかうまく見られませんが、右肩上がりに線を引くと、もしかしたら、何か見えるかもしれませんねw

上昇トレンドから下抜けそうな気配も僅かにしますww

 

結局、もう少し見てみないと分からない、ってことが分かりましたww

一つ言えることは、今が売り時ってことでしょうかw

個人で持っているのも早く売りたいのですが、短期譲渡になるので迷ってます・・・😓

引き続き、株価もウォッチしていきます。

 


不動産投資ランキング

未分類

Posted by デーモン