VS国家は勝ち目ないよね・・

 

いつもありがとうございます。


ゆとり大家です。





最近、なんかモヤモヤするなぁと思ったら、



固定資産税を納めたからでした。





国宝級CDの中でも、



「所有権は国家を除けば最も強い権利」とのことである。



つまり、国家に逆らうことはご法度のようだ。


(厳密には国家というよりも行政と言った方が適切かも・・)




納税は国民の義務ですが、やはりできるだけ避けたいものです。






そんな中、つとめ人の仕事でなかなかの事案が起こった。


現在、係争中なので詳細は書けませんが、



納税を怠るとものすごいことが起こるのです。




おそらく、その対象となっている人、国家をナメていたのでしょう。


長きにわたって国税を滞納していたのです。




そして、いよいよ差し押さえ。


元金だけでもそうとうの額になるのですが、




問題は延滞税にかかる利率。



14.6%





暴利ですよ(笑)



いや、税金なので滞納している方が悪いのか。




結局、延滞に延滞を重ねて元金の2.5倍くらいにまで膨れ上がってしまったのです。




さすが国家。


おそろしや・・・・




1日納税が遅れても容赦なく利息をかけてくるようですから。



国家に抗うことは利口じゃないんですかね。。





個人的に、適切に納税しない人間は非国民だと思っています。


節税は構いませんが、脱税はいけません。




そして、そのような人間には相応の末路が待っている・・


信じるか信じないかはアナタ次第ですが。





税金、ちゃんと払いましょう!


そう強く思った1日でした。



ゆとり大家

 

 

応援クリックお願いしまーす

 

↓ ↓ ↓


その他

Posted by デーモン